かわいひでとし日記


2014.05.27 ゼログラビティと現場仕事と想像力の件

清州会議と謝罪の王様とゼログラビティを観た。

清州会議は、司馬遼太郎さんで読んだものを再確認しただけで、特に爆笑シーン
が有るわけでもなく、つまらんわけでもなく、淡々としていたかな。
司馬遼の小説を動画にしたかっただけなんかな、、、。

謝罪の王様は、観てるうちに、これ、クドカン?だよね、と思ったら、やっぱり
そうだった。アベサダが主演の時点で気がついても良さそうだけど、一切予備知
識無しで観たもので、、、。
ん~、やっぱし、クドカンの最高傑作は、あまちゃんですね。

ゼログラビティ、久しぶりにハリウッドの映画観たけれど、ぐったりした。
なんというか、ちょっとでもブルーカラーな仕事をした事が有る人なら、「んな
わけねーだろ」と思うんじゃないかな。
そんなうまくいくわけね~よな。



ブルーカラーな仕事をした経験って、実は結構重要なんじゃないかと良く思いま
す。
頭で考えたり、図面だのなんだので考えるのと実際は違ってくるわけで、それが
パッと解るんですよね、現場仕事した事有る人は。

んで、そういう仕事しないまでも、工作だとか、日曜大工だとか、そういう事やっ
てみておくのも、結構必要だと思います。

俺は何でも自分でやるクセがあって、髪の毛は自分で切るし、ちょっとここに棚
が欲しいなと思えば自分で作るし、メシも自分で作るし、、、。


手先は思い切り不器用なんで、えらい雑なものが出来あがるんですが、それでも
自分でやるんですね、、、。

ここに棚有るといいな、と思っても、そこの幅とかにぴったり入る既製品が無い
という事が良く有るんで、自分で測って作ったほうがいいんですね。

何かしら現場仕事的な事をやった経験というのは、結構役に立つものですよ。

会議なんかでも、それって実際にやったら、こういう所がうまくいかないんじゃ
ないか的な発想がすぐ出てきたりするようになります。


ゼログラビティですが、映画、エンターテイメント、なので、ストーリーが荒唐
無稽なのは全然有りなんですけど、なんだろう、なんか違うって思えます。

ストーリーが荒唐無稽と言えば歌舞伎ですが、歌舞伎の場合、全然違和感を覚え
ないのが素晴らしいところです。

ハリウッドはスクリーンの中で全部完結してしまっているからだと思います。

技術を駆使して巨額を投じて、まるでホンモノの様に見せる事に命かけて作って
おいて、ストーリーは荒唐無稽だから違和感なんじゃないですかね。

歌舞伎は、宙乗りする時とかも、江戸時代は荒縄使っていたそうですが、現代で
はワイヤーですね、それを隠そうともしないんですね。

演出そのものが様式的だから、荒唐無稽でも違和感無しなんだと思います。

舞台上で完成するのではなく、観る人間の頭の中で焦点が結ばれるのが歌舞伎だ
と思います。
観る人に想像力が必要になります。

想像力と現場仕事、大事だと思います。

 

ツイート  


日記の目次に戻る

トップページに戻る