かわいひでとし日記
思うこと、こころもち、脳内風景


2014.09.07    右手指先の魔術師

 

日本人は世界的に見て、右手と左手をあまり意識して区別しない人々なのかもし

れませんね。


左手は不浄で、食べるときには使わないとか、しょんべんする時は左手でちんち

んを持つとか、外国ではそういう事が色々有るようです。



このグローバルとか言われる時代に意外なことに、日本人はまだ握手というもの

にも慣れていない人がたくさん居ると思います。

なので、右手で握手する意識がなくて左手でやっちゃったりとか、割と多いかも

です。


そんなもなあたいしたことじゃなくて、日本ではお辞儀するんだとか、いろいろ

ございましょうが。





鴻上尚史さんがテレビ言っていましたが、大学生にオナニーしてる動作

をしてみ てもらったところ、右手でマウスを操作し、左手でピストン運動をするので

時代 だなーと思ったと話していました。

俺の思春期は左手で雑誌を持ち、右手でピストンしたっけかな。




世の中、 一応右利きの人のほうが多いんだろうとは思いますが、

テレビ見てると結構いっ ぱいいますよね、左利きの人。




レフティーと言えば本田様ですが、

先日、本田様がセリエAの開幕戦でゴールを決めた試合を見ていましたが、

あれ はエルシャラウィの突破が偉いんで、本田様はただゴールしただけだ

と思ってま したが、イタリアメディアの評価が高いのでちょっと意外でした。


読んでみると、左利きの本田様がとっさに右足で蹴ってキーパーの股抜きで決め

たところを評価されているようです。なるほど、そういえばそうですね。

あのシュー トは外す確率高いと思いますわ。

最も決める確率が高い刹那に右足で打った本能

を評価されたんですね。




さて、自分は右利きです。

エッチをするときは、相手の右側に位置する様にしています。

エッチが始まった らすぐ右に位置する事を意識します。

それは右手で愛撫するからです。

んでもって、左腕を首とかにまわして「愛して るぜ」かなんかで、

右手であっちゃこっちゃなにするわけですね。

右指先の魔術師と言われているとかいないとか、、、、。


まあそれは、序盤戦でのことで、その後はもう、ねえ、

上下になったりでんぐり がえったり色々ありましょうが、、、、。




昼飯におにぎりを食うとき、おにぎりを左手に持ちます。

右手はマウスを持っているからです。

パソコンでニュースとか読みながら食うんですね。なのでおにぎりは左手に行っ

てしまいます。ついでに箸も左手へ行っちゃったりします。

どうせたいしたおか ずじゃないんで、、、。



右手にマウス、といえば、右手が腱鞘炎です。

仕事で一日中パソコンを使い、仕事が終わっても今こうしてキーボードを打って

いる。

2年ほど前に、かなり痛くなって、バンテリンだの何だのを貼っつけたりしてい

ましたが、全然直らないですね。いつもちょっと痛い状態のままです。



そういえば、五木寛之さんが小説書いた為に腱鞘炎になって、ペンを右手にテー

プでぐるぐる巻きに固定して書いていたというのを映像とともに「あさイチ」で

見た事がありますね。





自分は中学から20代後半までずっとバスケットをやっていました。

なので、左右の脚の長さが違います。

右脚のほうが短いんですね。

右足で踏み込んでジャンプするからだと思うのですが。


整体に行った時、ずいぶん長さが違うねえと驚かれました。

なので歩き方がおか しいんだな。



縦書きで文章を書くとき、右から左へ書いていくのはどうしてだろう、

とふと思った事がありました。


だって、書いた文字の上に手を置く事になって、インクが手につくとか、

書いた文字が手で隠れてしまうだとか、そう思ったからでした。


左から右に書いていけば、手も汚れず、書いた文章も見えているはずなのですが。


筆で文字を書くときは右手は宙に浮かせているものだし、昔、巻物に書く時は右

利きならどうしても右から左へ書いていくしかない、

など、色々理由が有る様です。




そういうわけで、自分も普段あまり左右を意識しないで生きてますが、

ションベンする時右手でチンポ持って、その右手で手垢のついたマウスを持って、

その右手で愛撫した後にその右手でおにぎり持ったりなんかしたその右手で

握手したりなんかして、、、。

んでまた、その握手した相手が右手でチンポ持って右手で愛 撫してたりなんかして、、、。、。



ちゃんと手洗え!みたいな、、、。




良く外国へ行く人は、右手と左手を意識したほうが良いんでしょうね。



チンポは左手、おにぎりは右手、メシ食ってる時はマウスは持たない!

これでお願いしますわ。


Tweet

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ