かわいひでとし日記
思うこと、こころもち、脳内風景


2014.09.19    太古の記憶

 


脳の事を色々考えたりしています。

いや、別にそんな高尚な研究、思索ではなく、ただぼんやり思ってるだけですが、、、。



脳の中の、どこか、奥深くに、それは有るんだろうと、ほぼ、自分で勝手に確信

しました。



それは「記憶」。



それは自分の記憶ではなく、自分より以前の記憶。

親などの血が繋がっている人間の記憶、

もっともっと昔、もしかすると、1万年、10万年前の記憶、

そういう記憶が脳の中に眠っているはずです。




りゅうのすけは、餌を隠すとき、手で土をかけるしぐさをしていました。

土をざっざっとかけて、両手でぎゅーっと固めるんですよね。

見ながら微笑んでしまいます。

彼は生れてから一度も土の上を歩いた事もなければ、森の中に居た事もないのに。

それって、生まれる前からの記憶ですよね。



それは動物の「習性」だよ。



そうですね。その習性ってのは記憶なんだと思います。


きっと延髄だか脳幹だか辺縁系だかに眠っているのでしょう。


深いところに眠っているので、意識して見つける事はできないけれど、


夢とか死の間際とか、狂った時とか、そういう時にしか見られないんでしょう。


意識が膨大に膨らんでいる人間には見つけにくいけれど、動物にはもう少し見つ

けやすいのでしょう。

確かに脳の中に有るのに、死ぬまで一度も見ずに終わってしまう事も多いのでしょう。



なんか、、、、、考えていたらほぼ確信してしまった。


なので、やっぱり死ぬのが楽しみになった。




秋ですねぇ、、、。

 

 

Tweet

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ