かわいひでとし日記
思うこと、こころもち、脳内風景


2015.03.23     昭和感    役者の輝き


いつからだか忘れたが、ずっと芝居が好きなんだ。

初めて歌舞伎を観た時の感激は今でも覚えている。

若かりし頃はハリウッドの映画も良く観ていたっけ。

未知との遭遇を観終わった後、

茫然として、何だかわからなくなってしまったの も良く覚えている。



古い日本映画が大好きになったのはいつからだったろう、、、、。

自分が生まれるより前の古い日本映画が大好きになった。

それとともに、ハリウッドの娯楽大作がばかばかしく見える様になった。


そんなわけで、テレビドラマも気になったものは観たりしているのだけれど、

なんだろう、民放のドラマだとなかなか良いと思うものに出会わない気がする。

「仁」はハマって観ていたが、「半沢直樹」は特に良いとも思わなかったかなあ。



そんなわけで、ドラマはNHKだったりする。

NHKの演出部は結構優秀だな、と思ったりする。


この前やっていた「紅白が生まれた日」は、なんだかとても面白かったなあ。

http://www.nhk.or.jp/dsp/kohaku/



GHQが、検閲して禁止しまくったのです。

あの頃の歌舞伎は殆ど全部上演禁止にされて、一部のおどりくらいしか

やるもの が無くなってしまったのでした。



なんか、日本人って面白いなあと思うのは、この終戦直後の頃ですね。

なんというか、ホントにお気楽な人々だったりする。

昨日まで敵だった「アメリカさん」と、なんだかんだ仲良くやってたりする。

そんな意味も含めて面白いドラマだったし、

松山ケンイチを良いと思ったのはこれが初めてだった。

とても良かった。

本田翼も、かなり良かった。




「マッサン」の一馬役、堀井新太くんも結構良かったなあ。

うまくはないけれど、な んか良かった。


いつも思うのは、演技力なんてものはどうでも良くて、

人柄がにじみ出る様な、だったり、

味わいだったり、

演技はド下手なのになんだかいいなあ、と思ったり、

役者って人間性とか愛嬌とか、何かそういうものが大事なんだな、と。



マッサンのプロでデューサーの言葉によると、堀井新太を抜擢したのは、

「昭和 感」が決め手だったのだそうだ。



なるほど。



そう考えてみると、若い役者が昔の日本人の役をやると良く見えたりするのだろ うか。

なんか、そんなことって有るかもしれない。

そうだよ、それは有るかも。

現代劇って難しいんだ。

それとも、昔の日本人が魅力的だったのだろうか。

 

日本の宝



 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう