かわいひでとし日記
思うこと、こころもち、脳内風景

2015.05.07       貧乏のズンドコ      貧乏メシはうまいのだ 


中学生のとき、ボロいアパートで一人暮らしをしていた。(おもいでぼろぼろ


父親から、

金が無くなっても、米だけは切らさない様にしておけば、塩かけてでも食えるから、

と言われていたりした。

確かにそうで、米が有れば、金が無くなってもなんとかなるのだった。


金が無くなって、食うものが無くなってしまった時、キャベツの芯をゆでて、

薄く切ってから醤油をかけておかずにしたりしていた。

今なら、醤油じゃなくてポン酢で食ったら多少うまいんじゃないの?とか思ったり

するが、その時はたぶんそんな事は思いつかなかっただろうし、

ポン酢すら無かったのだろうと思う。


しかし、そういう貧乏メシって、なんだかうまいのだよね、、、。

炊きたてのご飯が有れば、梅干しだけでもうまかったりするのだ。


なので、あの頃食った貧乏メシが、たまに食べたくなったりする事が有る。


コンビーフの一番くそ安い缶詰、それをフライパンでちょっと焦げ目がつくくらい焼いて、

それにちょちょっと醤油をかけただけのおかずとか、

なんか、ご飯が進む君で、うまかったりする。


そのコンビーフでも、梅干しでも、佃煮でも、

とにかく味が凄く濃いものをチビっと食べて、飯をいっぱい食う、みたいな、

貧乏メシはうまいのだなぁ。


普通の油揚げを網で焼いて、生姜醤油で食うのもうまいなあ、、、。

というか、炊きたてご飯なら、ただの塩むすびだって、ちょーうまいものなぁ、、、。

薄く味噌を塗った、味噌にぎりもうまいのだ。

8枚切りの食パンに、クソ安いスーパーのコロッケとキャベツの千切りを挟んで

トースターで焼いただけのサンドイッチも、何故かうまい。


そういうわけで、みなさん、貧乏のズンドコに落ちても、米だけは切らさない様

にしておきましょう。

米も買えないズンドコに落ちたら食パン買っときましょう。


貧乏人にしか味わえない、とっても美味しいおまんまが有るのだ。

あーーー、腹減ってきた。

コンビーフ買ってこよっと。

 

 

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう