かわいひでとし日記
思うこと、こころもち、脳内風景

2015.07.07       運命のいたずら      サッカーの怖さ


サッカーは怖いねぇ、、、、。

震え上がったです。


まんまとやられたんですねぇ、、、。


良く、「試合の入り方」という言い方をするけれど、

あの試合、ちょっと違う入り方が出来ていたら、

もっと拮抗した試合になったかもしれなかった。


コーナーキックを狙ったプレイをしましたね。

で、あれです。

まんまとしてやられたんですね。


でも、いつものように、最後の時間までしっかり使って

追いつくかもしれないという淡い期待も持たせてくれるのが、なでしこなんですね。


4-2になったときに、それみろ、と思ったのだが、、、。

直後にまた1点とられて、あれが試合を決めてしまいました。




ほんとに怖いですね、サッカーは、、、、。


ピッチの神様が居るんですね、きっと。


もし、誰かに当たってシュートが入らなかったら、

次のシュートも入らなかったりするのですよね。

圧倒的に責めているほうのシュートが、いくら打っても入らないという事になると、

責めているほうが負けたりするんですよね、、、、。



昔、何かのSF小説だかなんだかで読んだ覚えが有るのだけれど、

あのとき、ああしていたら、という場面に、たくさんの未来が出来るのだとか。

ああしていたら、こっちへ行き、

こうしていたら、そっちへ行き、

無限にたくさんの未来が出来るのだと、書いてあった。



「サッカーは人生そのもの」なんて言う人が居たりしたけれど、

ほんとにそんな気分ですね。


たくさんの試合を観てきたけれど、

色々な場面を思い出す事が出来るけれど、

あれも、これも、みんな「ちょっとした違い」、「僅かな差」で、

全く違うものになる場面がたくさん有ったのでした。



ピッチには「運命のいたずら」がたくさん落ちている様です。


人生にも「運命のいたずら」が、たくさん落ちているのですね、きっと。



Tweet to @kawaihidetoshi  

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう