かわいひでとし日記
思うこと、こころもち、脳内風景

2015. 07.10     時の流れ      時間とは何か  

 

脳味噌がモロ文系のくせに、宇宙とか相対性理論とか、

解りもしないものに興味が有ったりする。

先日、Eテレで、時間とは何か、という番組をやっていたので、

興味を持って録画したのだった。

「モーガン フリーマン 時空を超えて」
http://www4.nhk.or.jp/P3452/

時間とは何か、そもそも時間というものが存在するのか、

人間が作り出した概念にすぎないのか、、、、。



興味を持って観たものの、次第に脳がついていけなくなり、

見始めて30分くらいで爆睡してしまったのであった。

それはそれは深い眠りに堕ちたのだった。

あの、理論物理学者たちの脳味噌は一体どうなっているのであろうか。



どうしても、

「実際にどうなっていようが関係なく、数式に出来ればそれでいい」

と思っているとしか、思えないのであった。


番組の中で、こんな事を言っていた。

年齢を重ねるほど、時間が早く過ぎる様になる、と。

10歳を1とすると、

20歳では1.4倍、

60歳では2.5倍、時間が速く経つのだそうだ。

それはそうだ、

このまえ初詣に行ったと思っていたら、もう7月になっているではないか。



テレビで誰かが言っていた。

歳とともに時間が経つのが早くなって、50代はあっという間に過ぎてしまった、

40代なんか、「無かった」と。



昔、若かりし頃、そこらへんのオヤジに良く言われたものだ。

「若い若いと思っていても、すぐ歳とっちゃうんだぜ」と。

勿論そのときは、「ふん、何を言ってやがる」としか思わないのであった。

そういう自分が先日、若いもんに同じことを言ったのだった。

1年で仕事辞めてしまって、また次も辞めたりなんかしていると、

どんどん落ちるばっかりだ、そのうちすぐ30歳になってしまうんだ、

とか、なんとか、、、。

若いもんにそんな事を言ったって、解るわけが無いのに、

つい言ってしまうのであった。



そういえば、子供のころ、

「30歳なんかになったら、もう絶対自殺する」とか言っていた覚えが有る。

子供のころの自分にとって、30歳というのは、とんでもないジジーだったのだった。



ふと思い出したが、「25歳くらいのおじさん」という言葉を発した事が有った

のを覚えている。

25歳くらいの、おじさん、、、、、、。



思い出してみると、(思い出せるだけ大したもんだが)

子供のころ、夜というのはとても長かった。

長い長い夢を見て、目が覚めた事が何度かあった。

しーんと静まりかえっていて、怖くなって母屋に(自分は離れに部屋が有った)

呼びかけたが、応答は無く、青白い月明かりが庭を照らしていたのを覚えている。

本当に夜は長かった。



小学生のとき、授業と授業の間の10分間の休み時間に校庭に出て遊んだりして

いたのだった。

今じゃちょっと考えられない。わずか10分しか無いのに、

わざわざ次の授業までの10分間を使って校庭で遊ぶなど、、、。


そういえば、若いもんが

「あーーーー、ヒマだーーーー」とかほざいているのを良く聞くが、

「このクソ忙しいのに何を言ってやがる」と思うのだけれど、

それは、若いからヒマなのかもしれないのだった。



しかし、時間は経つのだ。

若いもんも、そのうち歳をとって、若いもんに能書きをたれるようになるのだ。

ざまーーーみやがれ、なのであった。

 

 

Tweet to @kawaihidetoshi  

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう