かわいひでとし日記
思うこと、こころもち、脳内風景

2015.09.13         血が騒ぐ     



染五郎ちゃんが、ラスベガスで歌舞伎の公演をしたのですね、、、。

NHKでの特番を観ました。

しばらく歌舞伎を観ていなかったので、久々に血が騒ぎました。

ほんとに不思議なものです。血が騒ぐんですね、、、、。

どうして歌舞伎がこんなに素晴らしいと思うのか、うまく説明が出来ない、、、。



来年行われる、Japan Kabuki Festivalの為のプロモーションイベントだったの

だそうで、無料の15分ほどのショーだった様です。

が、しかし、すんごい内容でした。

いつも思うけれど、うまく説明が出来ない歌舞伎の魅力、、、、。

どうしてこんなにトリハダが立つのだろう、どうしてこんなに血が騒ぐのだろう、、、。

どんなにぶっ飛んだストーリーであっても、

恐ろしく下らないストーリーであっても、

現実離れしてマンガみたいな内容であっても、

歌舞伎の演出でやると、感動的に観る事が出来る、この不思議、、、。

「鯉つかみ」という演目をやったのですが、なるほど、

アメリカ人に見せるにはいいかもですね。

歌舞伎に良く有るパターンです。

お姫様だと思い、恋におちるけれど、実は妖怪(鯉の精)だった、という内容。

鯉の化け物と戦うという簡単な内容の、15分ほどのショーでした。


お姫様が、ぶっかえりで鯉の化身となり、

それがプロジェクションで投影された巨大な鯉となって

立ち回りを行うという内容でした。

ほんとに、素晴らしくてトリハダでした。

どうしてこう、歌舞伎の演出でやると、

こういう新しいものまで美しく観られるのだろう。


http://www.kabuki-bito.jp/japankabuki/

 

 

 

今けーったよ

仏壇の小引き出しの中に

でかしゃった、でかしゃった、政岡の慟哭


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう