かわいひでとし日記
思うこと、こころもち、脳内風景

2015.10.28      法的には問題ない?     



ネットでニュースなどを読んでいると時々目にする弁護士サイトの記事。

これって、法的に問題有る?ない?という様な記事が出ている。

読んでみると、どーしょもない話だったりする。



ライスだけたのんで、テーブルに置いてある無料の漬け物でメシ食う、

というのを毎回やっていたらもう来ないでくださいと言われた、とか。

ほんとにどーしょもない。

コメント欄で、そんなもん常識で解るだろう、とか、つっこまれている様な事が


たくさん書かれていたりする。

 



法的に問題無ければ何でもやっていい訳ではない。

 



法よりも、道徳のほうが上位に有ると思う、というか有るはずだと思う。

 



できたからやっちゃう、というのが有る。

昔、ネット通販サイトで、明らかにミスだと思われる様な、とんでもなく安い値


段が記載されていて、ニュースになった事が有った。

注文した人に、こちらのミスでした、実際の値段はいくらいくらです、と、

連絡をしたら、この値段で注文したのだから、その値段で売れ、と、

大騒ぎになったのだった。



間違いでした、と言われたら、そうだよね、そんな安い訳ないもんね、と、

正しい値段を払って買うのが「常識有る大人」なんではないのか、と思うのだが。

「法的には」も何も、そんなもん、「常識」だろう、と思うのだが、、、。




振り込み詐欺の受け子から金を巻き上げる事件が起きた。

逮捕された大学生が、


「犯罪者から金を奪っても犯罪にはならないと言われたので」と言ったのだそうだ。



もう収入を得る事が出来ない年寄りの、頼みの綱の貯金を奪い取るという、

ちょっと考えられない様な事をやってしまうという、

もう、「法的には」も何も、万死に値する様な事をやってしまうという、

これは一体、なんなのだろう。

 


自分がやっている商売のサイトに「売ろうと思わない事を基本に考えている」と


いう様な事を書いている。


要するに、売っちまえばこっちのもん、みたいな商売はしたくない、という様な、


この商品にはこういう欠点が有りますという事もはっきり書いて販売したい、

という様な、そういう気持ちなのだが、、、、。



それを読んだ大学生に「笑っちゃった」と言われたので、

よくよく話を聞いてみると、

商売やっていて良心的なはずがないと思っているという事のようだった。



まあ、確かにきょうび、そう思ってないと危なくて買えないという事は有るけれど、

良心に従って生きている人は、この世の中にたくさん居る

という事を忘れてしまうのはとても残念な事だと思う。



なので、「法的に」と言う前に、

「人として」という事を考えるのを

忘れないで生きていたいものだと、つくづく思うのでした。

 

 

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう