かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2015.12.03           かばん

 

昔、イケメンなスポーツマンだった頃、

かばんは、背中に背負うデイパックだっ た。

それ以外有り得ないほど、デイパックだった。


ジムウェアやタオルを2回分とか入れるので、

いつも荷物がどっさり有ったのだっ た。

 



スポーツマンではなくなった頃、ショルダーバッグに変わったのだった。

ショルダーバッグは一応、スポーツ系の感じのものだった。

年代の差なのだろうが、ショルダーバッグを「たすきがけ」にするのは、

とても 「バカみたい」だと思ったので、片側にかけていたのだった。



しかし、イケメンでもなくなった頃、

今度は地味めなショルダーバッグにしたの だった。



出かけるときはいつもノートパソコンを持ち歩くようになってからは、

トートバッ グにしたのだった。



トートバッグの持ち手を肩に掛けるのは、

欧米人などから見ると、「女みたいで気持ち悪い」と思われるのだけれど、、、

片手で持って、ひょいっと背 中に乗せるのが男っぽいのだけれど、、、

電車に乗る文化の中では、両手が空く持ち 方でないとやってられないのだった。

 

トートバッグを肩に引っかけるには、

持ち手がある程度長く出来ていなければな らない。



しかし、トートバッグを肩に引っかけて歩いていると、

だ んだんずり落ちてくるのだった。

肩幅が狭いのかなあと思ったりするが、特に狭くもないと思う。


僧坊筋が発達していて肩が傾斜しているからなのだろうと、

自分で勝手に納得す るのだった。


三角筋をモッコリさせれば滑り止めになるだろうが、

今更三角筋など鍛えていら れないのだった。


俺のバッグはどうしてこんなに重いのだろう、

いらんもんがいっぱい入っている のではないのか、

と思って点検してみた。



中のものを全部出して、要るものだけをバッグに入れ直してみたら、

結局全部入 れる事になったのだった。



あれこれ考えてみて、ショルダーバッグを、

たすきがけにするのが一番楽なのだと 思った。



ショルダーバッグは、パソコンも、カメラも、

ゲロ掃除用セットも入る様な、ある程度大きめのもので なければならない。



そしてサイドポケットが充実しているもの。


男たる者、財布をさっと出さなければならないからだ。

今では自動改札つうもんが有るので、なおさらだ。


昔、いいケツしてる兄ちゃんだった頃、

タイトなジーンズでお尻をプリっとして 歩いていたので、

財布は尻ポケットには入れなかったのだった。


いいケツをした兄ちゃんは、ヒップラインを壊してしまうので、

財布は尻ポケッ トに入れてはならないのだ。



最近では、いいケツした兄ちゃんが、財布だけではなく、

愛フォンを入れてヒッ プラインを壊している。


画面がバリバリに割れている愛フォンを持っている人を多く見かけるが、

あれっ て、尻ポケットに入れたまま、間違えて座ってしまうのだろうか、、、。



そういうわけで、財布はショルダーバッグのサイドポケットの大きい所に入れて、


いつでもさっと出せる様にしているのだった。



特にみんなで飲んだり食ったりした後、

支払いの時には真っ先に財布を出すのが 男というものなのだ。



カバンに飽きたり、ボロくなったりした時に、

今度はショルダーにしてみようか、


トートにしてみようかと考えて色々変えたりする事が有る。



しかし、「うん、これが一番!」というカバンは、なかなか無いのだった。



最近流行っている、ガラガラ引っ張るやつは、うるさいし邪魔くさいし、

迷惑な ので論外だ。

というか、あれではカバンからサッと財布は出せないのだ。



そんな訳で、トート、またはショルダーで、財布をサッと出せて、邪魔にならず、


歩いていて楽なカバンを見つけたいものだと思っている。



ネットで買うのはちょっと違う感じなので、

カバン屋さんめぐりをする時間が有 ればいいのだがなあ、、、。



扇子とタバコ入れを帯に挟んで、

手ぬぐいを懐に入れて、

着流し姿で

巾着袋をく るくる回しながらヨタヨタ歩く身分になりたいものだ。

 

 

 

 
 
 


ゲロの上塗り 


 

 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう