かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2016.03.06       びっくりしたーーーーーーーー!      極楽とんぼ



3月のはじめ、景気の悪さがかなり深刻だという記事が出ていた。

アベノミクスとか言って、庶民には一向に実感が無いと言われて来た。

その記事と一緒に、政府が緊急経済対策を実施するという記事が出ていた。

なんとかしないとどうしょうもないよ、と思って記事を読んだら、

今月下旬に着手し、秋ごろに決定すると書いてあった。


「緊急経済対策」って、、、、。

そんなにのんびりやるんかい、、、、。

ほんとにびっくりした。


そんなにのんびりやるのをフツーだと思っているのだろうか。

と、役人に問い詰めたらなんと言うだろう。

色々と準備が必要で、専門家などに依頼する手間だの何だのかにだので、

どうしても時間がかかってしまうんですよ、とかなんとか言うのだろう。

「緊急」と言いながら半年以上かけても当然だと思っているのを、

どうにかせんと、どうにもならんと思うのだった、、、、、、。

緊急だと言って急いでいる時に、自分の休日までしっかり勘定に入れる神経は、

良く解らない、、、、。

「寝る間も惜しんで」やるのが緊急なのではないのだろうか、、、、。

「緊急対策」というものは、急ぎ集まって、徹夜で議論し、

よし、それで行こう、と、翌日から着手するものだと思っていた、、、。







と、思っていたら、

国立競技場に「聖火台を忘れていた」と騒ぎ始めたのだった。



これ、びっくりしすぎでしょう。

ほんとにびっくりした。

こんなにびっくりすることもなかなか無いのではないだろうか、、、、、。



いつだったか、ここの日記に書いた覚えが有るけれど、こんなのはどうだ。



20XX年、国の存亡の危機を迎え、

日本国国防軍で、重要な作戦指令が出され、

ただちに実行する事になった。


明日、0400時に実行すると、決定したのだが、、、、、。


誰も、何もしなかった、、、、。


え?


どうして?

よくよく聞いてみたら、


「え?だって、今日は土曜日ですよ。月曜からやるんじゃないんですか?」


というのであった、、、、。

 



という、現実と冗談とコントが入り混じった不思議な国なのであった、、、。

 

日本人は勤勉だとか、まじめだとか、民度が高いだの、日本の技術力だのと、

そういう事はもう、一切言ってはいけないよ。

それは全部、昔の話なのです。


 
 

ゆとりって、なんなの


うわのそらな人々

 

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう