かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2016.05.16           99%     

 

世界の富の半分を、1%の富裕層が握っている世界。

資本主義とか自由主義とか言っているうちは、当然の事なのだろうと思う。

残りの99%の人々も、それで納得しているフシが有る。

ネットやテレビで「成功例」ばかりを見せられて、

自分もその1%に入る希望を持っ ているからなのではないだろうか。

だけど、大きな会社の社長だったり、最近はCEOとかいう人々の年俸が

何億~何 十億という金額になっているのを見て、なんなんだろうか、と、

思ったりする。


一人で汗水たらして、リアカーを引いて駆けずり回って、

大きな運送会社に育て 上げた創業者ならまだ、何十億であってもいいと思う。

だけど、後から就任した社長がそんなに金をとっていいのだろうか、

と、思うの だ。

一人で何十億もとってないで、その分社員に分配したら、

どんだけいいだろうか、 と思う。


そもそも、一人の人間が、年収1億以上有る必要は無いのではないのだろうか。

いやいや、そういう立場になれば、それなりの年俸が無いと無理なんですよ、

と いうかもしれないが、基本に戻って「生活するためのお金」と考えたら、

1億以 上必要ではないのではないだろうか。


金を得る為の金が必要だから、そんなに要るのではないのか、、、、。


ここらへんに来ると、もう、資本主義とかなんとかをひっくり返す話になってし

まうのだろうけれど、基本に戻って考えてみたいものだとは思うのだ。


一人の人間が、例えば税抜で1億以上稼いだら、

社員だの社会福祉だのに回さな ければいけない、

というルールを作ったらどうなんだろう、、、、。


なんて、思ったりするのでありました。

 
 


 

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう