かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2016.05.31       8月の朝


   71年前の晴れ渡った朝、死が空から降ってきて、世界は変わった。




夏の晴れた朝、今日も暑くなるな、という8月の朝は、

すぐに戦争の事を思い出す。



色々な本やドラマで見たり、年長者から聞いた光景がすぐ思い出される。

あるドラマでは、その日は結婚式が有る筈の朝だった。

前の晩、夜中に空襲警報が2度も出て殆ど寝ていなかった人たちが多かった。

じゃあ、今日の夕方にね、と、約束をして家を出た少女がいた。




まるで自分がその場にいたかのように、その朝の事を「覚えている」。


オバマさんの広島演説には、文学的な意味で、とても感動してしまった。

あの、誠実そうな容姿と、ゆっくりと真摯な話し方で、

 さらに感動が増幅した様に思った。



あの演説も、大統領副補佐官でスピーチライターのジョン・ローズという人が

書いたのだそうだけれど、ひとつの文学作品だなあと思ったのだった。


謝罪は無く(殆どの人が謝罪は求めていないし、自分もそう思う)、

具体的な核兵器削減の方策なども無い演説だったけれど、感動が広がったようだった。



以前の日記にも書いたのだけれど、自分は太平洋戦争についての本を

ずいぶんたくさん読んだものだから、

あの時の事を、まるで自分が体験したかの様に良く「覚えてい」るのだ。



8月6日の朝と、8月15日の朝。



今日も暑くなりそうな、晴れた夏の朝。



こういう映像が自分の中に有るのと無いのとでは、

なるほど随分違うものだと思う。

 

あの朝の記憶が有るから、まるでオバマさんが、

あの朝の事を思い出しながら語っている様に感じられたのだった。



あの朝の光景を覚えているだけで、苦い後悔の気持ちが持てる様な気がする。



   戦争の記憶




Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning,
death fell from the sky and the world was changed.
A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

71年前、明るく、雲一つない晴れ渡った朝、死が空から降り、世界が変わってしまいました。
閃光と炎の壁が都市を破壊し、人類が自らを破滅させる手段を手にしたことを示したのです。


 
 


 

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう