かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2016.05.31       返事をしない人々だの会社だの    

 

就活生が激怒する「サイレントお祈り」の実態
大企業の4割が書類選考不合格を通知しない
http://toyokeizai.net/articles/-/119844



この記事を読んでぐったりした。

断りの返事をしない神経というのは一体どんな神経なのだろうと思った。


断るのは気が引けるから、

相手が傷つくかもしれないから、

断ってキレられたらいやだから、

両天秤にかけていて、どちらにするか決まっていないから、

どうでも良いから、

などなど、

返事をしない理由は色々有るだろうが、

相手が待っている事を無視できるのが不思議だ。



そんな事言ったって、先に断ってしまうと後であちゃーー、となるからだ、

と言 うけれど、自分の都合が理由になると思ってはいけないのだ。



両天秤にかけているから仕方がないと思える感覚が不思議だ。



相手が待っているのだから、返事をしなくてはならない。

相手が待っているのだ。

保留して待っているということは、

次に進めないで待機しているということなの だ。


両天秤にかけているなら、

時期を区切って何日までに返事をすると伝えないとい けないのだ。

相手が何人いようが、メールなら簡単な操作で全員に返事ができるのだ。



就活生は、返事が来ない時は相手が大企業だろうが誰だろうが、

返事が無ければいつまで待てば良いのか解らない、

じっと待つだけで次の行動に移れないから 返事をしてくれないと困る、と、

はっきり言うべきだ。

面接の時に言うべきだ。

というか、そんな会社に就職しなくてもいいよ。


返事が無いのは会社の方針なのか、担当者の怠慢なのか、

そこんところを偉い人に質問したほう がいい。

と、思うのです。




就職のことに限らず、断る返事をしないでしかとするのは大変よろしくない、

と 思う。

相手が待っていると思えば返事をせずにはいられなくなると思うのだ。

返事をしましょう。

 

返事をしない人々

男には、言わなきゃならねえ時が有る

 

 
 


 

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう