かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2016.06.01           多少の無理     

 

口に出して言うわけにもいかないが、なんか釈然としない事って有りますね。

そういう事が色々有るけれど、その中のいくつかだけでも、

口に出して言ってみ たい事が多々あります。


と言っても、あまり大きな声では言えないような、

モヤモヤした事って有るんで すねぇ、、、。


津波の被害で体育館で寝泊まりしている人がたくさん居るのに、

どうして9時か ら5時までしかやらないのか、どうして土日休むのか、

どうして夜も寝ないで突 貫工事をして仮設住宅を造らないのか、

とか、思ったりします。



子供が一人山の中で行方不明になっているときに、

「日没」という理由や「雨」 という理由で打ち切って

翌日からまた捜索するとか、

どうして合羽を着てライト をつけて一晩中捜索しないのだろうか、

とか、思ったりします。



噴火して火砕流の危険が有る山とかじゃなくて、ふつうの山で、

夜の間捜索を打 ち切ってもいいんだろうか、とか、思います。

「2次災害の危険」とか言うけれど、

それなりの知識と装備を持った大人たちが 捜索するのなら、

もうちょっと頑張れないのかなぁ、と、思います。

大人の男って、そんなに弱いんですか?


多少の無理をするって事がほんとに少なくなってしまった様に思います。



しかし、これを声を出して主張するわけにも、

なかなかいかなかったりするわけ で、

内心思っているだけになってしまうのですね、、、、。



んでも、ある程度の事なら、多少の無理はしてもいいのではないのかなぁ、、、。

責任取りたくないんだよね、、、。

命令を出す人も、自分の部下の安全を守る責任が有るのだから。

だけどなぁ、もうちょっとだけでも無理を出来るのではないのかなぁ、、、。


責任を追及するほうも、心情を汲み取って欲しいのだなぁ。

大人の男は「多少の無理」くらいはしたらどうなんだ、と思うのです、、、。

 

というか、休み無しで働いているとか言うと、

ちゃんと休みを取らないと身体壊すよ

とか言うのだけれど、

1週間が7日しかないうちの2日間も休む人にそんな事言われたって、

身体壊してから言え、とか言いたくもなったりして、、、、、。



どうなのよ。

 

 
 


 

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう