かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2016.10.12     コロコロっと無人のゴールへ


なにごとも穏便にしたい自分としては、

「監督の解任」ってのはどうも好きじゃない。

なので、ハリルホジッチさんにはもうちっと頑張って貰いたいのだけれど、

この1年、見ていてなんだかモヤモヤするのだなぁ。



オーストラリア戦、ザックJAPAN以来の本田様ワントップを見て、

やっぱりこれは可能性を感じるなぁと思った。



もうちっとキープ出来ていれば、快勝できた感じがする。

さらに、相手に持たせる戦い方をしたのは、可能性を感じるのだった。


昔、日本代表は「攻撃的」であるべきだと思っていたし、

アジアではもちろん、ヨーロッパの強豪相手でも、

ずっとそれを追い求めてきていたのだった。



だけど、岡ちゃんが南アフリカでやったのは守備的なサッカーだった。

そしてまずまずの結果が出た。



「守備的」恐怖症みたいなのが有って、

「守備的」と聞くと引いて守りを固めて殆ど攻撃もしない様な

イメージを持ってしまうのだけれど、

胸がスカっとするカウンター攻撃が出来るのだ。



シュートを打っても入らないのなら、

カウンターでキーパーをかわしてコロコロっとゴールに流し入れる

のが良いのではないんだろうか、、、、。



オーストラリア戦は、見ていて納得できる戦い方だった様に思う。

ああいうふうにやっていったらどうなんだべか、と思うのだ。



逆に、オーストラリアを見ていると、

「ポゼッションサッカーをやるのだ」、


「パスで相手を崩すのだ」、

「キラーパスで仕留めるのだ」と思っていても、

精度がついて来ない。

これは以前の日本代表のようではないか。



チームでレギュラー張っていて、試合勘も良く、

身体もキレキレな時でないと出来ないサッカーなのではないんだろうか、、、、。



「守備的」と聞くと、ちょっと嫌だと思うかもしれないけれど、

オーストラリア戦みたいなやりかたをしてくれたらなぁ、と思うのでした。

 

 

 
 


 

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう