かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2016.11.28            んちわっす!


中学、高校で運動部に居ると、校内に居る大人、

それが誰だか解らない人であっ ても、必ず

「んちわっす!」

と、挨拶する事になっていたりする。



自分もそういう風にしていた、というか、させられていた。

「ちわ!」というのが口癖みたいになっていたのだった。


それって、やっぱり人間を鍛えるんだなぁと、つくづく思うのだった。


必ず声を出して挨拶するのを繰り返している、というだけで、

人と仲良くなった りするいわゆる人間力みたいなものの基本を学ぶのだなぁ、

とつくづく思うのだっ た。


しかし自分も運動部から離れて何十年も経って、

生活に疲れて、そんな事はすっ かり忘れて生きているのだった。



でも、それを思い出させてくれる出来事が有りました。


第69回全日本新体操選手権大会を観に、代々木体育館に行ったのだけれど、

会場で、つくづくそんな事を思った一日だったのでした。



チケットはネットで買ったのだけれど、自分の席に行ってみたら、

知らない女が 座っているではないか。

あのー、この席って、これですよね?

とチケットを見せて聞いてみた瞬間、

はっとして、チケットを良く見てみたのだ。

なんと、別の日のチケット を買っていたのだった。

あ! どーもすいやせん、

日にち間違えてました!と頭を掻いたのだった。

、、、、、、、、。



昔、若い頃は、誰よりも早く正確に仕事をする自信が有ったものだったけれど、

なんだか、最近間違いが多いのだ、、、、。




仕方なく、自由席券を新たに買って

(別日のチケットで入場出来てしまっていた ので、買わなくても良かったのだった!)

上の階の自由席に座ったのだった。


なので、自分の席が決まっている訳でもなく、会場内をぶらぶら歩いていると、

ずっと指定席に座っていたらめぐり逢えなかったすばらしい光景に出会う事が

出来ました。

選手のみなさんが、気楽に会場内を歩き回っていて、

知っている顔の選手を何人 も見かけたのでした。


で、歩いていて、選手とすれ違う時、なぜかみんな、俺の顔を見るのだ。

あ、この人、知り合いだっけ?と思ってしまうような、

何か話しかけてきそうな 目でこっちを見るのだ。


なんというか、物ほしそうな目でこっちを見るのだ(って、ごめんごめん、大汗)。

あ、お久しぶりです、とか言われそうな感じがするのだった。

物ほしそうな目と言っても間違いでは無いような、人なつっこいというか、

明る いというか、そんな目でこっちを見るのだ。


選手がみなさんそうなので、

ああ、そうなのか、誰にでも声を出して挨拶してい る選手たちは、

誰であっても知らない人でも、

いつでも挨拶したり話したりする 準備ができている人たちなのだなあ、

と、思うのだった。


これは本当に素晴らしい事だと思ったのでした。

そういう、人懐っこい、誰とでも話をできる選手たちに、

心底はっとさせられた のでした。


ああ、そうだった、自分もそうしなければいけないな、と、

とても反省する気持 ちになりました。



会場に行った目的はもちろん、男子新体操の団体演技を見る事でしたが、

個人の演技も、女子の演技も見て、なんだか勉強になったのでした。

でも、それ以上に選手たちの態度に感動してしまったのでした。



演技が終わった選手たちは、全員で客席に来て、

応援してくれた人たちに並ん で挨拶をしていました。


で、男子の選手には女子が群がって一緒に写真を撮ってもらったり、

プレゼント を渡したりしていたけれど、笑顔で対応している選手たちを見て、

本当に感動し てしまいました。

もう、本当に心が洗われる一日でしたねぇ、、。


生活に疲れた自分に、もういちど、あの頃を思い出させてくれるのでした。



ところで、男子新体操の演技ですが、もう、本当に感動の嵐でした。

泣きそうでした。

んで、自分もお気に入りの選手に差し入れを渡したりして (〃 ̄ー ̄〃)、、、。

(もし見かけたら渡そうと思って、ちゃんと持って行ったのだ)

ああ、いい一日だったなぁ、、、。


 

マンション住人同士「あいさつ禁止」 神戸新聞投書が大波紋 

18.700

鹿実 この1本

 
 


 

 


 


日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー
フォローしてね、一緒に考えましょう