かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2017.03.15         踊る人々     

 

なんか違和感が有るけれど、さりとて代案も思い浮かばずに

一人でぐちぐち思っている事が有る。

代案を思い浮かばないのだから人に向かって主張するわけにもいかず、

ひとりで悶々としている以外仕方がないので、

ここに書いておくのが精いっぱいだ。



代案を思いついたところで、そんなものはどうせ広まらないのだ。



昔、「国電」と言っていたものが民営化された為に

E電」と言う事にしたが、一切広まらなかったのだ。



「まくどーねるず」を「マクドナルド」と言い、

さらにそれを「マック」または「マク」と言う。



「マク」はイヤだ。



だからと言って「マック」がいいかというと、そうでもない。

じゃあ何と言えばいいのか言われても代案が無いので

一人でぶつくさ言うほかないのだ。



人々はなぜ、それを「踊る」と言うのだろうか、、、、。

昔から個人的に、自分だけで違和感を感じていた。



エアロビクスをやる事を「踊る」と言うのが嫌いだった。

あれはダンスじゃなくて体操なんだ、と、思うからだった。



しかし、それはダンスを軽く見ているからなのではないのか。

ダンスだって、一見チャラく見えても、身体能力や練習が必要なのだ。

それでもエアロはダンスではなく、体操なのだと言いたかった。


男子新体操の演技をすることも「踊る」と言う人が多い。

当事者の選手がそう言うのだから、自分が文句を言ってもしかたがない。

だけど、あれは体操であって、ダンスではないんじゃないのか。



じゃあ何と言えばいいのか。



考えれば色々思いつくだろうが、広まりそうな言い方は思い浮かばない。

まあ要するに、日本語の普段使いの口語として言いやすい言い方になっている、

というだけの事なのだろう。

だから「マク」でも「踊る」でもいいのだ、

いちいちうるせー事言うな、という事なのだろう。



そうですか、

 どーもすいませんでした。

 

 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ