かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2017.04.26   批判する人々


事件のニュースを見ていて、なぜかいつも加害者に同情してしまう事が多い。

テレビで議論しているのを見ていると、

結局好き嫌いの問題じゃないのか、と、思う事が多い。

政治家などの失言に対する批判も、なんかちょっと、と思う事が多い。

まあねぇ、「立派な社会人」だの「責任ある立場」だのの人たちは

言葉を選らばなければならないのは良く分かるのだけれど、、、、。



ニュースを見たら、「またやってるのか」と思った。


復興大臣が「東北で、あっちの方だったからよかった」と言ったと批判されている。

ではそれを言わず「首都圏じゃなくて良かった」とだけ言ったらどうなのだろう。

「じゃあどこだったら良かったのか」と突っ込まれたら返事が出来ない、、、。

んでもねぇ、

大臣は「東北で地震が起こって良かった」と思っている訳ではないのは判るのだ。

「首都圏だったらもっと人的、金銭的に大きな被害が出ただろう」

がメインなのは判るのだ。

「じゃあどこだったら良かったのか」と突っ込まれたら返事もできないのだが、、、。

そもそも、「じゃあどこだったら良かったのか」と突っ込む事自体が

意地悪過ぎるんじゃないんだろうか。

そんな事を言わずに「首都圏の防災対策は進んでいるのか」

とかに話を持っていくほうがずっと良いのではないんだろうか、、、、。


どうでもいい人々

慮って聞く

 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ