かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2017.06.12       しょーもない人間という動物



良く有る事なのだけれど、見ても解らない、という事が有る。

何かをやっているのを見て、「これは何をやっているのですか?」

と聞かれることが有る。

何をやっているかって?あなたは今、見ているではないか。

見ても解らないのか?

そう、解らないんですよね、、、、。

黒柳徹子さんが、普段殆どサッカーを見ないので、サッカーの試合を見ても、

今どっちがどっちへ攻めてるの?

と言った話も有りました。


初めて見る人、先入観を持って見る人には、

それが悪気が無いとしても、解らな い事が有るのだ。


相撲を見て、今どっちが勝ったの?と言う。

投げられたほうが負けに決まってんじゃん、と言ってもダメなのだ。

話を聞いても、映像を見ても、その中の一部分しか解らないという事は良く有る。

全体の流れ、最終的な結論に関わらず、

どっか違う所に反応してしまう事は良く 有る。

見ている様で何も見ていない、という事は良く有る。


男子新体操の映像を見せる。

男子? 新体操? と聞いただけで先入観がモクモクと沸きあがり、

見ているのに見えないという事は良く有る。

男性が女性の様な事をするのは好きじゃない、と思ってしまうともう、

映像を見ても理解が出来なくなる。

いや、女性の様にはやっていないでしょ、ほら、と言ってももう理解出来ない。

人間の脳って、そういうものなんですよね、、、、。


藤井聡太四段が将棋をしている映像。

藤井聡太くんはカワイイね、と言われても、

まあカワイイかもしらんが、これは カワイイとかそういう問題ではなく、

将棋の話なのだ、と言っても無駄 なのだ。


こういうことは、日常的に良く起こっている事なのだ。

人間というのはそういうものなのだ。

むかし、パーソナルコンピューターなるものが出回り始めた時、

自分の周りの友人の多くがパソコンを買ったのだった。

買った理由は「ネットでエロい画像を見たいから」なのだった。

んもーしょうがないのだ。それでよしとしましょう。

エロい画像のお陰でパソコンの操作に慣れ、仕事で使えているではないか、、、。

日本の経済はエロい画像のお陰で成り立っているのかもしれない、、、。



服の画像。

美女、イケメンが着ている画像なら売れる。

ブサイクが着ている画像なら売れない。

何故顔を見て買うのだ。服を見なさい。


ああ、なんという愚かさ、、、。

と思っても無駄なのだ。そういうものなのだ。人間というやつらは。

二人の人間が同時に同じものを見ても、それぞれ違うものだと認識する、

人間と いうのはそういうものなのだろうと思う。

何かを紹介しようと思って見せるなら、

理解するポイントがどこなのかを説明し ないと分からないのだと思う。

いや、説明しても、何度説明しても解らない事も有るのだ。



そんな事を考えると、ふと、この世の中で生きていく自信が無くなる事が良く有る。

んまぁ、だけど、そんなものだと開き直らなければやってられないのだ。

経済はエロい画像のお陰で上等、将棋は顔がかわいくないとダメ、

サッカーはゴールシーンだけ見ればそれでいい、選挙が有れば顔で選ぶ、

そんなところで、まあ、そうだね、とにっこりしていないとやってられないのだろう、、、、。

そういうわけで、人間というものは、そんなに高級な生き物ではないのだ、

という事を解った上で生きていないとならないのだ、なぁ。


 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ