かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2017.06.15         火事を恐れて発癌物質を得ず




餅が焼けないのだ。

焼き網を使えないのだ。

コンロがぶっ壊れて新しいものに買い替えたら、ISセンサー付きなのだった。

ネットで見るとボロクソに書いてあって、センサーを取り外す方法だの、

無効に する方法だのがたくさん書いてあるのだった。

ほんとにムっとするのだ、あのセンサーは、、、。

料理ができないではないか、、、、。



餅を焼けないので、オーブントースターで焼く。

すると今度は、トースターにサーモスタットが付いているから

焦げ目をつけられ ないのだ。


餅は、焦げ目がついていないとイヤです。

あの発がん物質が好きなのです。


仕方がないので、魚焼きグリルで焼いたりするのだ。

グリルで焼くと、あっと気が付いた時には真っ黒焦げになっていたりする。

なんでコンロにはセンサーが付いているのにグリルにはついていないのだ?

焦げない様に開けたり閉めたりしてずっと見張っていなければならない。


餅はやっぱり、火鉢で焼くのがいい。

ご幼少の頃、火鉢というものを見た事が有るけれど、

きょーびそんなもの有りや しない、、、。

時代劇か何かで見ただけだ。


ところが、ふと気が付いた。

事務所に置いてある、昔買ったやっすいオーブントースター。

なんと、古くて安いので、サーモスタットが付いていないのであった。

サーモスタット無しなんて、今買おうと思っても、

なかなか無いのではないだろ うか。

このやっすいオーブントースターが優秀で、

おいしそーーな焦げ目をつける事が 出来る。

 

そんでも、やっぱり思うのは、

餅は、直火の上で焼くと、適度に乾燥しながら焼けるので、カリっとおいしくなるのではないだろうか。

オーブントースターだと、蓋を閉めるので、餅が膨らみ過ぎる気がする。

やっぱし、火鉢がベストかもしれない、、、。


そういうわけで、餅くらい焼ける様にしてもらいたいのだ。

日本人には餅を焼く権利が有るのではないのか。

 

ただ、カセットコンロを使う、という手も有る。

 

 

餅が焼けない件についてネットでは

禁断の裏技



 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ