かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2017.06.25      夢に向かって      男子新体操の夏 



例えばサッカーのファンなら、「もし自分が監督ならこうする」、

という事を考 えたりする。

ファンって、結構そんなところが有ったりするんですよね、

監督なんか出来もしないのに、えらそーな事言ったりするのであります。



男子新体操ササキカップのビデオを見ていて、

「監督やりてーなー」とか思って しまった。(大汗) 


でもねぇ、ジュニアの、

まだタンブリングも出来ない様な子たちのチームの監督 やったらいいだろうなぁ、

なんて、

思ってしまったんですよね(大汗)。

徒手っぽいところだけは綺麗に動く様にして、あとはもう、

なんというか、どう やって誤魔化すか、みたいな感じになったりして、、、、

かわいいポーズを入れたり、面白い体型移動を考えたり、、、、。

まあ、本気で監督になれるわけはないので、安心して貰っていいのだが、、、(--)。



そんな事を考えていたら、鹿実の樋口監督はそうだったんだろうなぁ、

と思い至っ た。

あんまり点は取れそうもないのならば、いかに笑いをとるか、とか、

ちょっと違 う方向であっても、それに向かってみんなで楽しく一生懸命練習する。

点が取れそうなら点も取りに行く。

夢中になって頑張るっていうのは、本当に幸せな事だなぁと思う。



そんな幸せを届けてくれた鹿実が、全国大会に行けなかった、、、。

逆に、どんどん頑張って、芦北や舞鶴が全国大会に行くことになった、、。

今年ダメだったチームは、また来年が有るじゃないか、なのだけれど、

でも、3年生は最後のチャンスだったわけで、、、、辛いですね、、、。

幸せを届けてくれた鹿実にはお礼と来年へのエールを送りたいし、

全国大会に行くチームには、夢中になって無我夢中になって頑張って欲しい。

 

わき目もふらず、夢中になって、脳がトランス状態みたいになって、

夢の中に居る様な、そういう時間をたっぷり味わってほしいなぁ、

と、

思うのであり ました。

何かに一生懸命になっている若者はいいですね、、、。

幸せを届けてくれてありがとうと、言いたいです。

 

 

 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ