かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2017.07.22          友の死      りゅうのすけ


りゅうのすけのことが本当に大好きだった。

良く、心底愛している人の事を、こういうところが好きとかではなく、

「存在自体が好き」などと言うけれど、まさにそれだった。


シマリスの寿命は5年から8年と本に書いてあった。

りゅうのすけがまだ赤ちゃんの頃から1日1回は死んだときの事を考えたのだ。

なので、その日が来た時には予定していた事が起こっただけ、という様な、

何かとても冷静でいられたのだった。

動物霊園の様な所に埋葬するという方法も有ったのだけれど、やっぱりそれはいやだった。

知らない所で、知らない人たちと一緒に埋葬されるって、なんだかねぇ、、。


なので、大きなプランターを買って、その中に埋葬し、

植物を植えてお墓にしたのだった。

庭付き一戸建てに住んでいるのなら庭に埋めるのだけれど、

マンション住まいではそれができない。

なんだか変と言えば変なのだけれど、いつもそばにいられるので、

ベランダのプランターがりゅうのすけのお墓になっている。

引っ越す時も持っていけるしね、、、。



観葉植物を植えていたのだけれど、枯れてしまったので、

今度は、りゅうが好きだった赤い実の成る小さい木を植えてあげよう。

もうすぐ8月16日、今年で七回忌になる、、、、。

 

 

りゅうのすけ日記

死がふたりを分かつまで

 

新選組! 「友の死」

 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ