かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2017.08.01         すずさんの怒り     

 

広島の病院へ行く支度をしながら、今後の事を姉と話していた時、

ピカっと光ったのだった。

今、なんか光った?

光ったね。



広島から山ひとつ超えた呉に住む、すずさんの、原爆投下のシーン。

山の向こうに大きなきのこ雲が見えていた、、、。


8月15日、

玉音放送を聞き終わって、

負けたみたいやね、

広島と長崎に新型爆弾を落とされたし、ソビエトも参戦したし、

まあかなわんばい、と周りが話す中、

すずさんは怒りがこみ上げてくるのだった。



そんなん覚悟の上じゃなかったんかね、

最後の一人まで戦うんじゃなかったんかね、

今ここに5人残っとるのに、、、



行き場のない怒り



米軍の伝単も落とし紙につかって、使えるものは何でも使って我慢してきたのに、、、、。

 

すずさんは戦争継続派でもなんでもない、政治にも戦争にも関心は無い。

ただ、毎日静かに暮らしている一人の女性であるだけなのだ。


この映画は戦争の映画とか、反戦映画とか、そういうものではない。

すずさんの日常生活なのだ。

いつどんな時代であろうと、日常生活の中には困難が有る。

その困難の中を淡々と我慢しながら生きていた、すずさんの日常生活なのだ。

何度見ても涙が止まらないのです。

 

 

 

この世界の片隅に

 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ