かわいひでとし日記
      思うこと、こころもち、脳内風景
 

 

2017.08.15        そもそも、8月15日ってなんなの?

 

解りやすく話をすると正確ではなくなる事が有るけれど、

でもまあ、だいたいの事を知るには、まずはそんな感じでいいのだろうと思う。

じーさんから昔の話を聞く様な感じでサラッと読んでみてください。


あの当時、軍は天皇の直属であって、総理大臣の指図を受ける筋合いは無い、

と 言い張っていたんですよ。

だからもう戦争継続は無理だと言っても聞く耳を持たなかった。

そこで昭和天皇が終戦の詔勅をラジオで放送したんですね。

その放送を阻止しようと一部の軍人が皇居を占拠する騒ぎになったりしたのです
が、無事に放送されたのでした。

天皇がもう戦争をやめると発表したので、軍も従うしかなくなった、

というわけ なのです。

それが8月15日の「玉音放送」です。

「この世界の片隅に」にも、ラジオの前に正座して放送を聞くシーンが有りまし
たね。

8月15日はそういう事が有った日なのです。



もう少し詳しく知りたい人は映画を観るのがおすすめです。



日本のいちばん長い日」という映画が有ります。
何が有ったのか良く解ると思いま す。

 
 


 

 


 


コメントなどはツイッターやメールでお願いします

Tweet to @kawaihidetoshi  

@kawaihidetoshi をフォロー

 

日記のトップへ戻る

かわいひでとしホームページ